バイク査定小さなトレンド
ホーム > 注目 > 孫氏のソフトバンクの話について

孫氏のソフトバンクの話について

ソフトバンクグループが決算会見で

今後の事業について孫氏が語ったと

いうことが報道されています。

 

 

国内の通信事業は「退屈だけど順調」

「端末ではなくサービスで収益を伸ばす」

ということになっているそうです。

 

確かに新たな革命等が起こりうる状態では

ないですし、ただ推進していくのは退屈なのかも

しれません。

 

コメントとしては

 

消費者も退屈

 

サービスで?とかクルマで?とか、田舎でも せめてau並に繋がるようにしてから言ってくれ。

 

成長、拡大に追いつかないサービスの不手際も多く料金も高い。淘汰されるべきだ。

 

通信料金が高い。

これに尽きる。

iモードのサービスが終了すればこのままだと実質値上げだし。月4000円も携帯代に使いたくないな。

 

 

独占企業の1つで、料金は高いし、サービスは悪いしで、ヨーロッパに比べると、遅れています。孫さんだけがぼろ儲けで、大金持ちになるのは当たり前。松下幸之助さんとは大違い。

 

端末と通信料で基本料金が1万円近いなんて高すぎ。キャリア変更が現実的になりそう。

 

それは難しいね

真似されない唯一無二のサービスなどこの分野ではないよ

 

 

データ単価を下げようとは思ってるのか 1社が下げたら残りの2社も下げるだろうから今後に期待かな

 

 

このようになかなか厳しい意見が

出ています。

 

単純に設けを減らすような施策を打つわけが

ないのでデータ通信料削減がどこまで

出てくるのかはわからないところですね。

 

ビルベリープレミアムの口コミ・評判は?